はじめて花屋 #ENJOYHOMEwithFLOWERS

A 花瓶のキホン

STEP1

清潔な花器に、水は半分くらい

花器は洗剤で綺麗に洗います。
汚れているとバクテリアが増える原因に。
水は花器の半分くらいで大丈夫。

「ガーベラ」「マム」「ヒマワリ」などの茎に細かい毛が生えているキク科の花は、少ない水でOK。「ダリア」「デルフィニウム」など茎が空洞の花は、水を多めに。

B 花の下準備

STEP2

下葉は取り除こう

水に浸かる葉(下葉)は
処理しておきましょう。
水が悪くなる原因になります。

STEP3

茎は斜めにスパッとカット

茎は斜めにカットします。
切れ味のよい清潔なハサミで
スパッとカットするのが
ポイント。
切れないハサミだと茎が潰れて
花が水を
吸い揚げにくくなってしまいます。

C 飾る場所

STEP4

エアコンの風が直接
当たらない涼しい場所に

直射日光やエアコンの風が直接当たる場所を
避け、涼しい場所に飾ります。
また、花はエチレンガスが苦手なので、
果物やタバコの煙の近くには置かないように
気をつけて。

& 毎日のお手入れ

STEP5

水は毎日取り替えよう

花器の水は毎日取り替えて清潔に保った方が、
花を長く
楽しめます。

「切り花栄養剤」を使えば、
水の取り替えは3日に一度でOK!

バクテリアの繁殖を抑えられるので、水替えの回数が減ってお手入れが楽になります。さらに花に栄養分がいきわたり、発色良く、花も大きく、きれいに長く咲いてくれる効果も。(切り花栄養剤の小袋をつけてくれる花屋さんもあります。希釈には空の500mlのペットボトルを活用すると便利です。)

STEP6

「切り戻し」で花が元気に!

水替えの際には、
新たに茎を斜めカットする「切り戻し」を。
花が再び新鮮な水を吸って、
長く美しく咲いてくれます。

STEP7

枯れた花や傷んだ葉は取り除いて

枯れた花や傷んだ葉からも
エチレンガスが発生します。
見つけたらこまめに取り除きましょう。

Illustration : 松本セイジ

SHARE

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • #あれもこれも花瓶
  • #花のあるズボラなくらし
  • #ビタミンF